ごあいさつ

「地域のみなさまに信頼と喜びを感じていただける薬局づくり」

泉谷尚志

益々、高齢化が進んでいく中で、患者さんを待っているのではなく、積極的に患者さんのところに歩んでいく薬局であり続けます。

これは、患者さんへの押しつけということではなく、現実的に患者さん、もしくは患者さんの代理の方が何らかの理由で薬局に、足を運べないということがあります。

そのとき、薬等の配達が積極的に出来る体制があれば、信頼と喜びを感じていただける機会を作ることが出来ると考えています。

泉谷尚志